Dave Brubeck 夜想曲集

ブルーベック:夜想曲集

Nocturnes: Piano Solos

この夏気に入ってずっと聴いていたアルバム。
何日も待つのが面倒、と Kindle 版で楽譜も購入。
可愛らしくて、ステキな曲がいっぱい。
検索すると、このアルバムについて書かれている blog もチラホラ。

ある程度ピアノを習ったことのある人なら、弾けちゃうレベル。
子供でもバイエル修了していれば譜面を読むのも弾くのもOKじゃないかな。
ただ、5拍子とか Koto Song のようにリズムとるのがちょっと大変、みたいな曲もあるけど。
大人も子供も楽しめると思う。

Dave Brubeck 自体のアルバムは、いくつか持っていて、この Nocturnes にも収録されているKoto Song とかはこの曲が聴きたいがためにアルバム購入したりとか。

Brubeck の曲で一番有名なのは、Take 5 だったりするのかな?
私はIn Your Own Sweet Way や Bluette 、Thank you 辺りも Brubeck の有名曲なんだけど(他にも有るだろうってツッコミが来そうだ)。
In Your Own Sweet Way は、基本ビル・エヴァンスで育った私だけど、最近は Dave Brubeck の演奏の方がずっと好き。

演奏している John Salmon は、他にも Dave Brubeck の曲を幾つも弾いている。

John Salmon Plays Brubeck

このアルバムのラスト、Dziekue が Thank you という曲。Dziekue(dziekuje) はポーランド語。

John Salmon Plays DAVE BRUBECK Piano Compositions

このアルバムの9曲目から16曲目は、Thank You がテーマで、その展開。
16曲目の A La Turk は、blue rondo a la turk という曲も有名。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*